藤田ニコルが歌手デビュー

モデルでタレントの藤田ニコルが、8月3日にシングルの「Bye Bye」で歌手デビューをすることが分かりました。
ストレートなおバカ発言で若い世代から人気の藤田ニコルのメッセージを伝えたいと企画をし、CD発売が決定したといいます。
楽曲は等身大の失恋ソングとなっており、作詞に初挑戦した藤田ニコルは「今年は新しいことに挑戦しようと思っていたのでうれしいです!」と意気込みを語っています。
デビューは、今年初めにレコード会社、ソニー・ミュージックと所属事務所、オスカープロモーションが話し合ったのち、女子中高生のカリスマ的存在である藤田のメッセージをいろんな形で発信したいと企画されました。
どんな一曲になるのか楽しみですね。

Filed under: 未分類 — solvaycares 9:13 AM

カウボーイ、投げ縄で泥棒捕獲

米オレゴン州イーグルポイントのショッピングセンター駐車場で、西部劇のような捕り物劇が行われた。なんとカウボーイが投げ縄で泥棒を捕まえたいというのだ。
ロバート・ボーバさんは正業がカウボーイで、かばんをひったくられて女性が悲鳴をあげたのを聞いて、トレーラーから馬を出して乗馬し現場に急行。犯人は馬を見て逃げたが、ボーバさんが投げ縄で捕獲したという。
ボーバさんは、買い物のためにショッピングセンターにいだが、カリフォルニア州へ向かうところだったそうだ。彼の妻は「生活のため普段やっていること。素早くこなせた」と夫を称賛した。
警官は「まさしく西部開拓時代のような出来事だった」と話した。かなり絵になったことだろう。見てみたかった。

Filed under: 未分類 — solvaycares 10:46 AM

エクセルで風景画、76歳の技巧

表計算やグラフ作りに使われる定番ソフト「エクセル」。その図形描写機能だけを使って、見事な風景画を描き出す達人がいるそうだ。それが群馬県館林市の堀内辰男さんだ。会社員時代に培った技術者魂で、16年かけて独自の「超絶技巧」を編み出したという。
作品は、風景画が中心。その作風は、制裁そのものだ。例えば大作の「夢の鞘の浦」は、複雑な岩肌や細かい波頭、さらには満開の桜が細かく描かれている。海に島が映り込んでいる様子も、色の濃淡で巧みに表現されている。
しかし、事務作業の象徴のようなエクセルで何故絵を描こうと考えたのだろうか。
2000年に定年を迎えるまで、堀内さんは絵を本格的に描いた経験も、エクセルを使った経験もなかったそうだ。しかし定年後に時間を持て余し一日中パソコンをいじっているうちに、かつて会議資料で見たカラフルなグラフや模式図が頭によみがえってきたという。
「エクセルで図式を組み合わせれば、絵が描けるんじゃないか」。ふとした思い付きを、迷いなく実行に移せたのは持ち前の技術者魂があったからだという。堀内さんは電機メーカーで長年、殺菌装置の研究や事務機器の開発に打ち込んできたそうだ。
手始めに、数十年手がけてきた君子蘭の絵を描いたが、30分間かけても落書きのような出来栄えだったという。しかし、めげずに路傍の花、台所の野菜、果物と手当たり次第に描いたという。
堀内さんは貼り絵の方な技法で丸や四角など単純なパーツをコツコツと重ね合わせて絵を描いているそうだ。エクセルで絵を描き始めて16年。今では「どんなソフトより、エクセルの方がはるかに楽に描ける」と言い切っているそうだ。
これまでに作った作品は数百点。2006年には「オートシェイプでお絵かきコンテスト」で大賞を受賞。地元の公民館では長年、エクセルを使った絵の描き方を教えているそうだ。
無数のパーツを少しずつ組み合わせて描く大作は、とてもエクセルで描いたとは思えない出来栄えだ。気の遠くなるような作業も、技術者気質だからこそなし得た技なのだろう。これからも素敵な作品を描いていってほしいと思う。

Filed under: 未分類 — solvaycares 11:44 AM

福島で新種のエビ発見?

福島県で新種のエビが発見されたかもしれない。
会津地域の沼から、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館の飼育員らが新種と見られるエビを発見していたことがわかった。北陸の一部にしか生息していない「キタホウネンエビ」の類似種とみられる。
同館によると、発見されたエビは淡水にすむ甲殻類で、成体は20ミリ前後で、特徴は体がオレンジ色をしているところ。
卵は一度乾燥して長期間休眠し、雪解け時期に孵化し、急速に成長・排卵する。
昨年4月の採集調査で発見された時は、特徴が重なるキタホウネンエビとして同館に展示していた。ところが、茨城県自然史博物館と合同で調査にあたると形状が違う部分があるとわかり、新種の可能性が高まった。今月も同じ場所で採集できたとして今年は「類似種」として展示している。
今後は比較展示をしていく予定で、新種かどうか判明するのは来年以降の見込みだ。
発見した同館の飼育員平沢桂さん(39)は東北各県で更なる新種が見つかる可能性を指摘し「昨年から猪苗代を拠点に会津で本格的な採集調査を始めたことで、貴重な生物を発見できた」と話した。
新種かもしれないエビは、同館で24日ごろまで展示が続けれる予定。
来年以降となると気の長い話になりそうだ。また違う県で新種が見つかるかもしれない。

Filed under: 未分類 — solvaycares 10:13 AM

倒壊住宅から赤ちゃん救出

昨夜熊本県を中心に九州地方で起こった震度7の地震。地震発生から約6時間が経過した15日午前3時過ぎ、倒壊した住宅から赤ちゃんが救出されたそうだ。
地震発生から約6週間が経過した15日午前3時過ぎ、益城町安永で住宅が倒壊し、1階の寝室で寝ていた生後8か月ほどの赤ちゃんが生き埋めになっているとの情報があったという。
警察官や自衛隊、消防隊など50人ほどで重機などを使い、救出活動にあたったそうだ。そして午前3時45分、偶然空間のできた場所にいた赤ちゃんは、ほぼ無傷の状態で救出されたという。
現場で救助にあたった救急隊員によると、屋根から赤ちゃんの鳴き声が聞こえたため、救急隊がピンポイントで救出することができたという。
夜遅くに起きた地震と言うこともあり、被害状況を確認したり救助活動を進めるのが困難だったが、一夜明けて全容が見えてきたようだ。今後も余震がある可能性があるとのことだが、さらに被害が拡大しなければいいのだが…。

Filed under: 未分類 — solvaycares 9:21 AM

飛行機の非常口からCA逃走

ユナイテッド航空の旅客機で、女性キャビンアテンダントが航空機の非常口を開け、緊急脱出スライドを使って脱出し走り去った。
地上での出来事だったが、航空機に異常はなく、女性が勝手に出て行ったという事案となった。ユナイテッド航空は「これは許されない事態だ」とし、現在女性は停職処分になっている。
原因や動機は全くもって不明だ。ただ仕事をやめたくなったのか、どうしても嫌なことがあったのか。
ネットでは女性が行動を起こした理由を知りたいというコメントが目立った。一連の動画を海外のサイトで見ることができる。
もし女性が、フライト中に思い立っていたら、大きな事件になっていたかもしれない。何にせよ、今回のことも乗客にはかなりの迷惑になっただろう。
 

Filed under: 未分類 — solvaycares 10:19 AM

松屋、牛丼ネット注文に対応

大手牛丼チェーンの松屋が4月12日より、インターネットからの注文に対応する新サービスの「松弁ネット」を開始しました。
この「松弁ネット」では、弁当1個から注文を受け付けているとのこと。
ネット・スマホから事前に注文することによって、最短45分後から希望の店舗で受け取りが可能です。
注文の受付時間は、10時~20時です。受け取りは、24時間可能となっており、牛めしだけでなく、カレーや定食メニューなども注文可能です。
利用にあたっては、会員登録が必要にはなりますが、支払いは店舗で行うのでクレジットカードなどの登録は不要になっています。
松屋フーズは、とんかつ専門店「松乃家 松のや チキン亭」でも、5月中旬ごろにはネット注文に対応する予定としているとのことです。

Filed under: 未分類 — solvaycares 9:29 AM

ソフトバンク、スマホ上乗せ割引中止

ソフトバンクは13日までに、他社からスマートフォン契約を乗り換えた人に対して割引額を最大2万円超上乗せするキャンペーンについて、15日に中止することを決めたそうだ。過剰な値引きの是正を求める総務省の行政指導を受けたものだという。
中止するのは、1日から始めた「のりかえ割パワーアップキャンペーン」。1万368円の従来の乗り換え割引に、1人契約なら1万800円、家族契約なら全員に2万1600円を上乗せするというもの。購入者は自己負担なく新しいスマホ端末を手にできるうえ、利用料金の大幅な値引きも受けられる仕組みだという。なお、従来割引は続けるとのこと。
総務省は5日、「実質ゼロ円」販売を規制する電気通信事業法の指針に違反したとして、ソフトバンクとNTTドコモに初の行政指導を行った。両社とも速やかに対応するとしていたが、具体的に値引きを見直すのは初めてだという。
確かに行き過ぎた乗り換え割引は問題かもしれないが、通信料を引き下げなければ根本的な解決にはならないのではないだろうか…?

Filed under: 未分類 — solvaycares 9:12 AM

寺でブラック労働が問題に

厳密には寺の宿坊(レストラン)の話なのだが、京都にある世界遺産の仁和寺が運営するレストランの元料理長の男性が、長時間労働によってうつになり、寺に損害賠償を求めて裁判を起こした。
堀内照美裁判長は「極めて過酷ともいうべき長時間労働を強いており、労働時間規制を軽視する態度は顕著」と指摘し、寺に損害賠償として約4253万円の支払いを命じた。
男性は現在58歳で、2005年から境内にある「御室会館」の料理長を務めていた。ところが2011年には、時間外労働が毎月100時間を超えるようになり、200時間に及んだり349日もの連続勤務につかされ、休日がわずか9日しかなかった。
そんな生活をつづけた男性は、2012年に「抑うつ神経症」との診断をうけ仕事に行けなくなり、2013年には労基に労災認定を受けたという。
男性は判決後の記者会見で「これで人生を一歩前に進めるが、私の体が治ったわけではない。これまで仁和寺から謝罪は一切無く、誠意のなさにショックを受けている」と語ったそうだ。
年9日の休日…それでもよく1年も働いたものだ。参拝客のなかには癒しやゆったりした時間を求めて寺を訪れる人もいただろう。裏ではこんなことになっていたなんて愕然としてしまう。

Filed under: 未分類 — solvaycares 10:32 AM

ソフトバンク和田、日本で1643日ぶりの白星

ソフトバンクの和田毅投手が4月12日の西武戦に先発をし、6回1失点に抑えて、日本復帰初勝利を挙げました。
日本での勝利は、2011年10月13日の日本ハム戦以来のこと。実に1643日ぶりです。
試合は、ソフトバンクが4―1で勝ちました。
今季3度目先発の和田は、初回に2死一、二塁、3回に1死満塁のピンチを切り抜けます。
そして、6回に中村のソロ本塁打を許しただけの1失点という好投。この後は、森福、五十嵐、スアレス、サファテが無失点に抑えました。
試合はソフトバンクが初回、柳田の内野ゴロの間に先制をし、5回に柳田の2号ソロなどで小刻みに加点、西武の反撃を1点に抑えて快勝をし、3連勝となりました。
6回で123球を投げ、「コントロールがばらついてしまった」と本調子ではなかったことを打ち明けました。

Filed under: 未分類 — solvaycares 10:09 AM